専門の化粧品で改善

顔を触る

敏感肌になると、少々の刺激を受けただけでも、肌荒れを起こすようになります。たとえば乾いた風に吹かれたり、雨に濡れたりすると、それだけで肌がかゆくなったり火照ったりしてくるのです。また、汗には塩分が含まれているので、汗も敏感肌にとっては刺激となります。自分の汗ですら、肌荒れの原因となってしまうのです。 そのため昨今では、敏感肌をガードすることのできる基礎化粧品が多く販売されるようになっています。薬用ジェルやクリームなどですが、これらは肌にとって刺激とならない成分で作られています。そのため安心して使用できますし、使用することで肌がコーティングされれば、乾燥や湿気や汗などの影響を受けにくくなります。 こういった基礎化粧品の需要は高く、多くの化粧品メーカーが開発製造を進めています。それにより、品質は一層向上していくことになると考えられています。

また、昨今では敏感肌をガードするだけでなく、それ自体を改善できる薬用ジェルやクリームも販売されています。肌のバリア機能が失われることで敏感肌になるので、基礎化粧品によってバリア機能を高めるセラミドなどの成分を与えれば、敏感肌は徐々に改善されていくのです。 もちろん、ひどく炎症を起こしている場合には使用できません。いくら低刺激に作られていても、傷口に直接塗りこむと、刺激となってしまうこともあるのです。そういった場合には、まずは炎症を抑えることが必要です。抗炎症作用のある軟膏を塗ったり内服薬を飲んだりするのです。 炎症がおさまった後なら、こういった基礎化粧品で敏感肌を刺激から守りつつ、健康で丈夫な肌にしていくことができるようになります。